株式会社飛鳥工務店

神社・仏閣Shrines and temples

臨済宗 普賢院 袴腰鐘楼復元新調工事静岡県浜北区

新鐘楼

新鐘楼

旧鐘楼

解体

基礎工事

仮組中

丸柱仮組

丸柱仮組

隅木仮組

鐘楼納め

棟木納め

上棟式

総反り軒ライン

袴腰羽目板(スカート工法)

棟鬼瓦

以前の袴腰鐘楼が文化14年(約200年前)に建立され、傷みが激しく修復が困難なことから新築する運びとなりました。
過去の鐘楼に使用されていた欄間彫刻・梵鐘・撞木・礎石は再使用できる状態であった事と、現御住職様も「なるべく踏襲すること」というお考えでしたので、復元新調工事という形で始まりました。
解体から約一年の月日を掛けて完成いたしました。